熱い視線を集める専門学校

専門学校への進学をお考えの皆様や保護者の方々に、ぜひ踏まえておいていただきたいポイントをご紹介します

Month: 4月 2017

在学中の学習姿勢が鍵

無事に入学式を終えれば、晴れて夢に向かっての第一歩の専門学校生としての新生活がスタートします。大学や短大の新入生同様、全国各地から集う新しい友人達との生活で、一気に行動範囲と世界が広がりますが、同時に「流されてしまう」リスクが最も大きいのもまた、このタイミングなのです。

色々な学生が集う以上、中には「大学進学も就職もイヤで、とりあえず専門学校在学期間中を遊んで過ごそう」「親が頼むから学校に通ってくれと言うから入学しただけ」的な存在が避けられません。そうした姿勢同士が「類は友を呼ぶ」の如く、その年度の学生の中心的存在として膨れ上がるケースが珍しくないのもまた、専門学校特有の傾向です。気の合う仲間達と遊ぶ方が理屈抜きに楽しいのは誰もが同じで、意味無く授業をサボったり、適当に過ごす学校生活に心地良さを覚えてしまっては、何のための専門学校進学なのか、その理由や目的すら見失ってしまいます。

この辺りは全て、本人の心構え次第です。在学期間中を面白おかしく過ごせたのなら、それで構わないのであれば別ですが、後々の後悔が目に見えているだけに、ぜひ本文を全うする強い意志を忘れず、在学期間を有意義に過ごしていただければと思います。真摯に勉学と実習に打ち込めば、見据えた夢への最短コースを歩める可能性に満ちた学び舎、それが専門学校本来の姿なのです。

候補校情報の要着眼点

専門学校情報と言えば、各校発行の公式パンフレットを始め、昨今はインターネット上の公式サイト、あるいは各種専門学校ガイド的な情報誌やサイトなど、関連情報収集に窮する事はありません。勿論少しでも多くの情報を得たいところですが、これらに過剰に左右されてしまうのは問題です。特に保護者である皆様には、友人間あるいは先輩後輩間で本人が共有している情報に関しては、結果伺い知れないケースもゼロとは言えません。「現役受験生の自分達のリアルな情報こそが1番」との思い込みは若さ故ですが、やはり実社会の仕組みや厳しい現実に関しては、年齢や経験的にも乏しくて当然です。保護者の立場として、決して頭から注意喚起するのでは無く、子供達の言い分に十分耳を傾けた上で、話し合うスタイルで必要な部分を是正してあげてください。

近年はゲームソフト開発者やミュージシャンを目指す若者達にとって「当校でアナタもプロフェッショナルへの道の第一歩を」的な謳い文句は、魅力的この上ありません。ですが少し冷静に考えれば、毎年数百人単位のミュージシャンがデビューを続けたとすれば、音楽業界は間違いなくパンクしてしまいますし、それはゲームの世界でも同じです。「入学さえすれば将来が約束されている」なる錯覚を招く募集に際しての文言は決して違法ではなく、自己責任だと言われても返す言葉は見当たりません。冷静な見極めを徹底してください。

新旧現状と選択に際して

この記事をご一読の皆様の中には、ご自身が専門学校を卒業された経歴をお持ちで、現在お子様の進学先候補として、ご本人が希望されるジャンルの専門学校の絞り込み中の方もいらっしゃる事でしょう。数十年の歳月が過ぎる中、ご自身が在学生だった当時と今日の環境の変化に、おそらく戸惑いを隠せずにおられる事でしょう。

昭和世代が連想する専門学校を順不同に挙げてみれば、調理関連、美容関連、設計建築関連、外国語やビジネス関連、経理関連、そして黎明期のコンピューター関連など、この辺りかと思われます。いずれも入学時の選択科目から、将来はそれぞれの実社会の扉が約束されていると疑う事無く、学生生活をスタートされるも、現実とのギャップに愕然とされる展開が少なくありませんでした。結局全く違うジャンルの勤務先で社会人をスタートさせる卒業生が大半という専門学校が、毎年新入生を募り続けていた時代が、確かに存在していました。

こうした環境派その後着実に改善から、信頼と実績を誇る専門学校と実社会との密接な関係も構築され、こうした「話が違う」的な専門学校は今日、確実に淘汰され続けています。それでも利潤目的の企業には違いない教育産業の中、こうした怪しい機関の混在はゼロとは言えません。お子様の進路の選択に際しては、事前の情報収集から確認作業が欠かせない点は、今も昔も変わらぬ事を、ぜひしっかり踏まえておいてください。

専門学校という選択肢

近年専門学校の存在に熱い視線が注がれています。何より一昔前と比較して、より幅広いジャンル、より専門的に細分化された教育システムなど、何より内容の充実が見逃せません。漠然と高校卒業から大学や短大へ進学を経て企業の一員となる生き方では無く、専門学校進学を希望する若者が増加傾向を見せているのも納得です。

遡る事昭和の時代を振り返れば、正直専門学校の社会的認知度や存在感は、今日と比較して寂しい一面が否めませんでした。辛口意見の中には「大学進学が叶わず働くのがイヤな若者達が過ごす場所」的な揶揄の声も聴かれ、事実専門学校を名乗りつつも、果たして看板に見合う教育が行われているのか、何とも怪しい施設も少なくありませんでした。こうした一部の残念な存在が、真摯に専門的な知識や技術修得に勤しむ専門学校生の立場を、間接的に不当に悪くしていた時代が、残念ですが確かに存在したのです。

ですがこれも昔話で、今日専門学校入学時に自らの将来の進路を明確に見据える若者達は、漠然と就活から内定を貰った企業に就職する大学あるいは短大生よりも、人材的により理想的だと捉える業界も少なくありません。単なる学歴至上主義が通用しない世界に於ける価値感は、間違いなく専門学校という教育機関の存在を重要視しているのです。ここではそうした専門学校への進学をお考えの皆様や保護者の方々に、ぜひ踏まえておいていただきたいポイントをご紹介申し上げたいと思います。

Powered by WordPress & Theme by Anders Norén